診察



診察


  • 次のような方は保険診療となります。
  • ・胸のしこりや痛み、皮膚の異常、乳頭からの分泌物などの自覚症状がある方
  • ・各種健診で『要精密検査』と判断された方
  • ・他院の医師から精密検査が必要と言われた方
  • ・乳がん術後の治療や定期検査が必要な方

当院では乳腺疾患全般に関するご相談をお受けして診察いたします。
まず乳房の触診や乳房X線撮影(マンモグラフィ)、乳腺超音波検査などの画像診断を行います。
マンモグラフィや乳腺超音波検査は診察後当日に行います。(当院では最新の3Dマンモグラフィを導入し画像の読影に時間をかけて見落としを減らすように努めていますので検査結果の説明は翌日以降をお勧めします。)

画像診断によりさらなる精密検査が必要と判断した場合は最適な組織検査をご案内します。マンモグラフィ下でのマンモトーム生検や乳腺超音波下でのマンモトーム生検もしくは針生検が受けられます。
組織検査により治療が必要と判断された場合は病状や希望に応じて最適な治療が受けられる医療機関へご紹介いたします。紹介先は全国どこの医療機関でも可能です。
当院では、手術や点滴での抗がん剤投与以外の治療は可能です。紹介した医療機関での治療終了後は再度当院での診療が可能です。
遺伝性乳癌についてのご相談は杏林大学病院でのカウンセリングをはじめ専門医療機関にご紹介いたします。
また進行乳癌に伴う疼痛や呼吸苦などの諸症状の緩和ケアについても専門医療機関と連携して早期から対応いたします。

『メイプルブレストケアクリニック』の『ケア』には乳腺疾患にまつわる様々な問題をケアしていきたいという意味がこめられています。どうかお気軽にご相談ください。

問診票に必要事項を記入

初診受付後、待合室で問診票に必要事項を記入してください。個人情報は保護されていますので安心してください。その後中待合室に移動していただき診察を待ちます。中待合室は外部から完全に見えない構造になっておりますのでプライバシーは保たれます。診察や検査を受けにくい服装の場合はガウン等をお貸ししますので更衣室でお着替えください。診察まではお茶やコーヒーをご自由にお楽しみください。

医師による診察

お悩みについて何でもご相談してください。診察をもとに必要な検査についてご説明いたします。

マンモグラフィ検査

女性の診療放射線技師が担当いたします。圧迫板で乳房を平たく引き伸ばした状態で左右それぞれを縦横の2方向から撮影します。通常の撮影をするか、3Dマンモグラフィを施行するかは診察時にご相談して決めていきます。

乳腺超音波検査

ゼリーを塗ったプローブ(探触子)と呼ばれる道具を乳房に当てて超音波の反射により画像を作る検査です。痛みや被ばくのない検査で、マンモグラフィで観察できないような腫瘤(しこり)の病変や、乳房内の変化を動画でとらえる機器です。当院ではエラストグラフィや血流測定なども行いより的確に病変の良性・悪性の判断をします。

組織検査(コアニードル、マンモトーム生検)

画像検査で異常があり必要と判断された場合に行う検査です。コアニードル、マンモトームともに針で組織を採取する検査ですがマンモトームは組織を吸引しながら切除するところがコアニードル針生検と異なります。マンモトーム生検のメリットは採取できる組織量が多くマンモグラフィ下でも施行できることですが、デメリットは検査時間が長く検査費用が高いことです。画像検査結果から必要な組織検査方法を詳しく説明いたします。

紹介先医療機関

※ この他、全国の病院にご紹介可能ですのでお気軽にご相談ください。

  • 次のような方は保険診療となります。
  • ・胸のしこりや痛み、皮膚の異常、乳頭からの分泌物などの自覚症状がある方
  • ・各種健診で『要精密検査』と判断された方
  • ・他院の医師から精密検査が必要と言われた方
  • ・乳がん術後の治療や定期検査が必要な方

当院では乳腺疾患全般に関するご相談をお受けして診察いたします。
まず乳房の触診や乳房X線撮影(マンモグラフィ)、乳腺超音波検査などの画像診断を行います。
マンモグラフィや乳腺超音波検査は診察後当日に行います。(当院では最新の3Dマンモグラフィを導入し画像の読影に時間をかけて見落としを減らすように努めていますので検査結果の説明は翌日以降をお勧めします。)

画像診断によりさらなる精密検査が必要と判断した場合は最適な組織検査をご案内します。マンモグラフィ下でのマンモトーム生検(リンク)や乳腺超音波下でのマンモトーム生検もしくは針生検が受けられます。
組織検査により治療が必要と判断された場合は病状や希望に応じて最適な治療が受けられる医療機関へご紹介いたします。紹介先は全国どこの医療機関でも可能です。
当院では、手術や点滴での抗がん剤投与以外の治療は可能です。紹介した医療機関での治療終了後は再度当院での診療が可能です。
遺伝性乳癌についてのご相談は杏林大学病院でのカウンセリングをはじめ専門医療機関にご紹介いたします。
また進行乳癌に伴う疼痛や呼吸苦などの諸症状の緩和ケアについても専門医療機関と連携して早期から対応いたします。

『メイプルブレストケアクリニック』の『ケア』には乳腺疾患にまつわる様々な問題をケアしていきたいという意味がこめられています。どうかお気軽にご相談ください。

問診票に必要事項を記入

初診受付後、待合室で問診票に必要事項を記入してください。個人情報は保護されていますので安心してください。その後中待合室に移動していただき診察を待ちます。中待合室は外部から完全に見えない構造になっておりますのでプライバシーは保たれます。診察や検査を受けにくい服装の場合はガウン等をお貸ししますので更衣室でお着替えください。診察まではお茶やコーヒーをご自由にお楽しみください。

医師による診察

お悩みについて何でもご相談してください。診察をもとに必要な検査についてご説明いたします。

マンモグラフィ検査

女性の診療放射線技師が担当いたします。圧迫板で乳房を平たく引き伸ばした状態で左右それぞれを縦横の2方向から撮影します。通常の撮影をするか、3Dマンモグラフィを施行するかは診察時にご相談して決めていきます。

乳腺超音波検査

ゼリーを塗ったプローブ(探触子)と呼ばれる道具を乳房に当てて超音波の反射により画像を作る検査です。痛みや被ばくのない検査で、マンモグラフィで観察できないような腫瘤(しこり)の病変や、乳房内の変化を動画でとらえる機器です。当院ではエラストグラフィや血流測定なども行いより的確に病変の良性・悪性の判断をします。

組織検査(コアニードル、マンモトーム生検)

画像検査で異常があり必要と判断された場合に行う検査です。コアニードル、マンモトームともに針で組織を採取する検査ですがマンモトームは組織を吸引しながら切除するところがコアニードル針生検と異なります。マンモトーム生検のメリットは採取できる組織量が多くマンモグラフィ下でも施行できることですが、デメリットは検査時間が長く検査費用が高いことです。画像検査結果から必要な組織検査方法を詳しく説明いたします。