FAQ

FAQ

  • 検査はいつ受けたらよいですか?
  • 基本的にいつでも大丈夫です。ただしマンモグラフィ検査は、月経開始から数日後の乳房の張りがないときの方が痛みが少ないのでお勧めです。
  • 診察の予約はした方がよいですか?
  • お待たせする時間を軽減する為に、当院では予約制をとっております
    当日でも構いませんので、受診希望の際はお電話で予約を取っていただくと診察がよりスムーズです。
  • どのような服装で受診したらよいですか?
  • 検査の度に上半身のみ裸になって頂きますので、上下が分かれていて脱ぎやすい服装がよいと思います。ご希望があればガウンに着替えていただくこともできます。
  • 子供を連れて行ってもよいですか?
  • 診察はご一緒で構いませんが、検査はお子様と離れての検査となります。受付で一人で待つことができるお子様でしたら連れていらしても大丈夫です。
    それより小さなお子様は預けて頂くのが望ましいです。クリニックの隣に『武蔵野プチ・クレイシュ』という東京都認証保育所があり6カ月以降のお子様の一時保育も行っております。こちらは予約が必要ですので直接お問い合わせください。(武蔵野プチ・クレイシュ webサイト
  • 検査はどのくらいの頻度で受けたらよいですか?
  • 現在市区町村の検診は2年に一度のところが多いかと思いますが、できるだけ早期の乳癌を見つけるためには毎年マンモグラフィと乳腺超音波検査の両方を受けるのが望ましいと思われます。最近では若い方にも増えてきていますので30歳を迎えたら検査を受けることをお勧めします。
  • 費用はどのくらいかかりますか?
  • 症状のない方は乳房ドックとなります。当院では気軽に受診できるように検査費用をできるだけ低く設定しています。3Dデジタルマンモグラフィ、乳腺超音波検査とも3500円ですので両方検査をすると7000円(税込み)です。
    症状のある方や通院歴のある方は保険診療となります。負担割合で金額は変わりますが、一般的な3割負担の場合3Dデジタルマンモグラフィと乳腺超音波検査両方で3600円ほどかかります。
    乳癌を疑う腫瘍が発見された場合は針生検という組織検査が必要となります。コアニードル生検の場合は約6000円、吸引式乳房組織生検の場合は約22000円かかりますのでご注意ください。
  • キャッシュレス決済はできますか?
  • クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX)は保険診療・自費診療ともに5000円以上から使用できます。

  • 妊娠中の検査はできますか?
  • 乳腺超音波検査は可能です。放射線被爆のあるマンモグラフィ検査はできません。
  • 授乳中の検査はできますか?
  • マンモグラフィ検査、乳腺超音波検査ともに可能です。ただし授乳中は母乳の影響でマンモグラフィの画像が通常時よりも見えにくくなります。
    また授乳中に起こる乳腺炎についても当院では検査や外科的処置が可能です。
  • 駐輪場・駐車場はありますか?
  • 専用の駐輪場はありませんが数台駐輪可能です。場所が分かりにくいので予約時に電話でお尋ねいただくか、受診時に事務にお尋ねください。
    駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。
  • 中待合室のカフェラテやお茶は好きに飲んでいいですか?
  • 好きなだけお召し上がりください。季節によってお茶の種類を変えたりコーヒーの豆を変えたりしていますので色々試してみてください、全て無料で提供しています。
    診察室や検査室に飲みかけのものを持って入れますので、急いで飲み干す必要はありません。検査中に冷えてしまったらまた新しい飲み物をお飲みください。
  • エレベーターはありますか?
  • 当院は2階ですがエレベーターがなく階段のみとなります。